Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kishin20120822.blog.fc2.com/tb.php/206-a740f699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝5時半



朝5時半のこと。

外はまだまっ暗。

なんかカッチャンカッチャンという空気つぎの音と、聞き取れない外国語が聞こえてくる。

「ぜったい、外国人がうちの空気つぎでチャリに空気入れてるよw

ひとんち物を勝手に使うのは非常識! 追い払わねば!


けどその前にウ◯チしたい。。。」


そとの様子を伺うと、状況は思った通り。

仕方なく、犯行現場からすぐ壁一枚隔ててウ◯チ

どうやら中国人の青年2人のようだ。

懐中電灯を持って、いざ。  ガラガラっと勢いよく戸を開けた。



中国人・・・ ガン無視



おっとっとw この状況で作業続行されますかw こっちの方が拍子抜けしてしまったではないか

向こうの方がびっくりして空気つぎほっぽり投げて去るのではと期待していた自分に、この時はじめて気づいた。


「おまえらパンクしたんか。」

「スミマセン」

「貸してみ(というか返せ)
 これでもう一回やってみ

 (ポンプする中国人)

 こっちは入ったけど、こっちはパンクしとるけダメ」

「ダメ?」



納得したらしく、空気つぎを元あった暗い場所に戻して去っていったとさ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kishin20120822.blog.fc2.com/tb.php/206-a740f699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

CAB

Author:CAB
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。